犬の歯周病対策

あなたの犬は大丈夫?実はほとんどの犬は歯周病!

歯周病とは歯茎の部分に細菌が感染して腫れてしまう病気です。人間で歯周病は聞いたことがあると思いますが、実は犬も歯周病になります。歯があるのだから、当然といえば当然ですね。

まず簡単なチェックとしては、犬の歯が茶色気味かどうかを見ることです。健康な犬の歯は真っ白です。

犬が歯周病になるとどうなるの?

犬が歯周病になると、匂いがキツくなったり、歯が汚くなったり、最終的には歯が抜けてしまうこともあります。歯が全てなくなることはめったにないですが、歯が弱くなったり、抜けたりすると、口から食べ物を食べるのが困難になります。

さらに、歯周病を放っておくと目の下に穴が空いたりあごの骨が折れるなど、歯以外にも影響がでてきます。

家でできる2つの犬の歯周病対策

歯磨きで口内を常に清潔にしてあげる

自宅でできる犬のお口ケアとしては、「歯磨き」があります。毎日歯磨きをしてあげることで口内を清潔に保つことで歯周病対策になります。ただし、犬の歯磨きは素人には少し難しいです。犬によっては歯磨きに拒否反応を起こしてしまう子もいて、無理矢理すると歯茎を傷つけてしまう恐れもあります。毎日時間を作って、ゆっくりと慣らせてあげることが大切です。

犬用の歯周病対策グッズ

毎日歯磨きをする時間がない人ちょっとハードルが高いという人は犬用の歯周病対策グッズがおすすめです。サプリメント式でいつものえさにふりかけるだけなので、手間なく口内の健康を守ることができます。

下記から公式ホームページへ行くことができます。

犬にとって歯はとても大切なものなので、しっかりと清潔にしてあげましょう。

関連情報